うつ病を克服するためにまずは病気のことをもっと知ろう

CONTENTS

精神の未熟さ

新型うつ病になると、自分がうつ病にかかっていても、うつ病だと認められなくなってしまうことです。そのため、自分の心の弱さが原因としか感じることが出来ません。そのように感じるとより落ち込みやすくなります。

詳しくはこちら

通常のうつ病と違う

通常のうつ病と全く違う新型うつ病は、色々なところで知られています。また、そのうつ病はインターネットのサイトで気軽に見ることが出来ます。そのため、新型うつ病について知りたいという場合は、インターネットで調べましょう。

詳しくはこちら

改善方法

新型うつ病の症状を改善するには、薬を使った療法が一般的です。なぜなら、新型うつ病は通常のうつ病とは違い、自律神経失調症や不眠症を発症する病気だからです。薬を処方してもらう場合は、メンタルクリニックに行きましょう。

詳しくはこちら

非定型うつ病

注意すべき点や気をつけること

新型うつ病とは、非定型うつ病の一つです。うつ病の人がうれしくても気分が晴れない傾向が強くあり自責の念が強くなることに対し、新型うつ病はうれしいことがあれば気分が晴れることもあります。そして他人の言葉にも過敏に反応することが特徴です。 新型うつ病の注意点としては、気分が晴れるときもありますので精神科などの受診が遅くなる傾向があることです。抗うつ剤でよくなることは定型のうつ病と同じですが、受診が遅くなるとその分症状が深刻になりますので注意が必要です。 さらには他人の言葉によって攻撃的にもなりやすいですし、休日には元気になることもありますのでさぼっていると思われ、他人を傷つけやすいです。 周りの人の理解が必要です。

知っておいたほうがいい情報について

新型うつ病として知っておいたほうがいい情報は、治療についてです。うつ病は休養が必要ですが、新型うつ病は必ずしも休養すればいいというものではなく、まずは規則正しい生活を心がけ、朝に日光を浴びるようにするなど生活習慣の改善から取り組んでいくと症状が軽減する場合もあります。 さらには、カウンセリングなどで心の負担や不安感を取り除くことが必要です。帝位的に面談することによって気持ちを安定させることが症状の改善につながることがあるからです。 さらには、定型うつ病と同じように抗うつ剤や抗不安剤を服用することによっても症状が改善することがあります。ですので、不安を感じたら医療機関などに相談することが改善の糸口になります。

治療にかかる費用について

新型うつと診断された時、多くの人が気になることの一つに治療費があります。新型うつは、抗うつ剤などの薬が効きにくいと言われており、精神科医によっては、なかなか抗うつ剤や抗不安剤を処方しない場合もあります。そのため、薬代はかからず、カウンセリングなどの診察料だけかかる場合もあります。長期的に見た費用は、その人の症状によって、また、治療期間によっても異なるので一概にいくらかかると言いにくいものです。治療期間が長ければ長いほど治療費はかかるようになります。生活習慣を整えたり、ゆっくりしたりすることで解決する場合もあるので、毎日、通院しなくても治療が終わる場合もあります。このように、人によってうつ病治療にかかる時間は違うため、うつ病治療を行う前に費用面の相談も医師に行っていきましょう。

新型うつの特徴について

新型うつは、20から30歳代の若い人たちが多くなるうつ病です。そんな新型うつについて説明します。症状によって新型うつは、3つに分類されます。まず1つ目は、ディスチミア症候群です。不機嫌な気分が続き、自己中心的な考えとなります。2つ目は、非定型うつ病です。人間関係に敏感で倦怠感、過食、過眠などの症状が現れます。最後に3つ目は、発達障害型です。アスペルガー症候群のような軽度な発達障害の症状が出ることです。新型うつはまだまだ解明されていない部分が多く、なぜなるのかというメカニズムもはっきりとはしていません。精神科医でもなかなか新型うつであると判断しにくい厄介な病気なので、しっかり予防から行っていきましょう。

SIDE MENU

周りの助けが必要

通常のうつ病と同じように新型うつ病は治るのに時間がかかります。それでも、周りの人たちが支えることで、改善できる病気です。自分からは中々言い出しにくいので、周りに気づいてもらいましょう。

詳しくはこちら

周りの助けを借りる

新型うつ病の原因は未だ明確になっていません。しかし、精神が関係していることは否定出来ないのです。特にストレスは精神的も影響をうけやすいので、治療は早めに行っておきましょう。

詳しくはこちら